ネットの影響

視聴する場所の変化

メディア業界の努力について紹介していきたいと思います。この業界は今もなお黒字の業界と言っていいでしょう。日本全国で不景気の波があるのにもかかわらずAV業界に関してはいまだに右肩あがりであると言えます。

というのは女性の出演料が下がっているのにもかかわらず多くの人が出演していっているからです。また今はメイクなどがうまい一般の女性も多く容姿の平均が上がっているという感じになっております。整形メイクと揶揄されるぐらいにうまくなってきているのです。

そうなってきたら多くの男性陣は喜んでみますよね。多くの女性の中で一人でも話題になる女性がいたら莫大な収益が出てくるのです。

この業界も格差がかなり進んでおりトップ女優と普通の女優の出演料というのはかなり開きがあります。だからこそトップ女優を目指して女性たちは努力をしているのです。

そんな女性たちは努力をしているのにもかかわらず運営側は何の努力もしていないのか?といったらそうではありません。飽和状態となっておりインターネットでも気軽に見れて、さらに一般人でも販売が可能になってしまっているからこそ会社ごとの努力をしていかないとあっという間に競争からはじき出されてつぶされてしまいます。

見ている側のハードルもどんどん高くなっているのでそれに合わせて作品作りだったりニッチでマニアックな作品作りなども手掛けているのです。

それもメディアの変化があったからこそとも言えます。今まではレンタルショップで借りるのがスタンダードでしたが今はインターネットで見れてしまいますよね。

レンタルの時よりも簡単に見れてしまってありがたみなどはなくなりましたがその分幅広い分野を見ることが可能となってのは事実です。

こういったメディアの変化というのはより便利になってくるものです。今ではブルーレイ並みの高画質な動画がインターネットで見れてしまいます。 レンタルショップ店はたまったものではないかもしれませんが、競争というのはどんな場所でも起こっているのです。